今日から6月ですね!最近は晴れの日が続いていて、とても過ごしやすいです!

5月28日の特別活動は映画鑑賞!コロナ禍では、映画館より校内上映!👏

特別活動とは、ガイダンスやボランティア活動、行事、化学展覧会など、教科以外の活動のことになります!😊

今回は、アメリカ映画『タイタンズを忘れない』です!

昨年もアメリカでの黒人への人種差別が世界中の話題となり、今年はコロナをめぐるアジア人への差別的な映像が私たちにも衝撃を与えています。

 

『タイタンズを忘れない』は、約50年前のアメリカが舞台。黒人と白人の2つの高校が統合される中、アメリカンフットボールを通して、人種や肌の色の違いから生まれる差別を乗り越えて、チームのみならず、地域の大人までがひとつになっていく作品です。

これは実話となっています。高校生が差別について考え、また感動的なシーンがあふれています!

 

映画鑑賞に先立ち、PCルームで事前学習をしました!アメリカの歴史、南北戦争、人種差別の理解を深め、併せてアメリカンフットボールのルールにも触れました。

鑑賞会は好評で、誰もが熱心に見入っていましたが、某男性スタッフの目が潤んでいたのが一番印象的でした。

「先生、何泣いてるの?!」と、生徒からの突っ込みが・・・😢💦

どこにでも起こる差別問題。一人ひとりが意識し、相手を思いやり、少しでも世の中が変わっていくと良いですね!✨

Follow me!